ストーリー

CHIE IMAI ブランドの歴史は1977年にさか上る。当時女性4人で輸入貿易業を開始した、今井千恵はレイナ貿易株式会社を設立した。輸入貿易業を営む傍、1978年本格的にファーデザインを開始した今井千恵はレイナ貿易株式会社の展開するエグゼクティブ高級ブランドとしてファーブランド ロイヤルファー(ROYAL FUR)を展開。ロイヤルファーは、数々のオリジナリティー溢れるファーを市場に送り出した。

フィンランドの老舗工場との提携を開始したレイナ株式会社は、当時は防寒着との固定観念があったファーを洋服のように軽量化、さらなるファッション感覚をファーに取り入れることにデザイナー・今井千恵は成功した。

斬新なデザイン追求と、テクニカルな製造工程を克服して現CHIE IMAI のシグニチャー、モザイク・ドゥ・チエの完成が実現した。その後レイナ株式会社は、1991年、日本のファー業界の老舗で、宮内庁御用達でもあった株式会社フタバファーをM&A (Merger & Acquisition) し、ロイヤル・ファー、フタバ・ファーをブレンド、名実ともに日本を代表する最高級ファー・レザーブランド、ロイヤル・チエを誕生させた。ブランド名も、デザイナーのファーストネームを取り入れたよりデザイナーズブランドであることを象徴するものとなった。その後、1999年にはヨーロッパやアメリカの名だたるブランド、ヴァレンティノやサンローランなどと肩を並べ、ニューヨークファーコレクションにアジア人初のファーデザイナーとしてロイヤル チエの今井千恵は参加。2002年にはロイヤル チエのフラッグシップストアをニューヨークのマジソンアベニュー59丁目に開店し、本格的にアメリカ、カナダへの進出を開始した。

2000年代にはより充実した世界的ブランド展開がなされ、ファー業界の世界的権威、デンマークコペンハーゲンファーより、ブランドの扱う素材の高品質を認められ、パープルレベルを受賞した。日本でも、高機能繊維などを扱う、帝人グループの帝人ファイバー株式会社とのコラボレーションにより、弊社が生産するエコロジー素材、エコレクタスとラグジュアリーファーとの融合で、ロイヤル チエの高度な環境対応が高く評価された。

2010年代にはブランド・エクステンションの一環として、香水ならぬ、飲む香水、本格芋焼酎 MORRIS を発表。デザイナーズブランドの定番マーケティング戦略でもある核商品から香水へ覆す、またもや業界の型破り的な戦略で世間を驚かせた。

長年にわたる、フィンランド共和国とのビジネス経済の立役者としての貢献がフィンランド政府に認められ、同総理大臣サウリニニスト総理より、ロイヤル チエのリード・デザイナー今井千恵はフィンランド、獅子勲章コマンダー賞を2014年に受賞、日本人女性初の受賞となった。

2017年、CHIE IMAI は、「歴史に残る日本を代表する世界のブランド作り。」を目指し、より多くの人へ親しんでもらい、歴史に残るデザイナーズブランドとしてのブランド計画の一環として、ブランド名をロイヤル チエからアルファベット文字、デザイナー名、CHIE IMAI へと変更。ブランドの伝統的トレードマーク、デザイナーの幼少期のニックネームでもあった、フォックスは継承し、新しい一歩をデザイナーズブランドとして踏み出した。

また、社会に既存し、地球規模でのサスティナビリティー実現に貢献するブランドとして、より環境問題を考慮した商品開発、サービス、ブランド作りを目指している。